日本の水は硬度が低い軟水です

水の硬度とは含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量を表したものです。1000ml中に含まれる量が120mg以上で硬水、以下で軟水という基準がWHOでは設けられています。カルシウムやマグネシウムといったいわゆるミネラルは、地中から少しずつ溶け出たものですのでその土地を形成する地質によってミネラル含有量は異なります。日本のものは軟水が多いですが、これは味にくせがなく料理にも使いやすいというのが特徴です。また洗濯に使う場合も泡立ちがよく適しています。特徴はそれぞれ異なりますので、目的によって使い分けるのがおすすめです。

水選びは硬度もチェック

水は採取された場所によって含まれているミネラルの成分が違ってくるものです。同じ日本国内でも場所によって含まれているミネラルや量は違っており、シリカやバナジウムなどの成分は一部のエリアでしか含まれることがありません。水選びでは、硬度に着目してみるといいでしょう。豊富なミネラルが含まれていれば、食物だけでは補うことができない栄養価を効率的に摂取することができます。ダイエットにも効果があるのですが、硬度が高くなるほどにお腹がごろごろとしてしまう人もいたり、赤ちゃんや高齢の人にはあまり良くないケースもあります。

↑PAGE TOP