水の硬度は単位を見ると

水の硬度はそこに含まれるミネラル類の中のカルシウムとマグネシウムの合計したものを数値化したもので、含有量によって決まります。その含有量により分けられていて、それを実感できるものには石鹸の泡立ち具合があります。数値が高いほど泡立ちにくくなります。その単位は水1リットル中に含まれるものをmgやppmで表されています。一般的にはその数値が高いほどのみにくくなり、その単位が少ない方が日本人には飲みやすく感じる人が多いです。世界保健機構の基準ではその数値が0ー60未満、60ー120未満、120-180未満、180以上と分けられています

水の硬度についてのこと

スーパーやコンビニでミネラルウォーターを買うという人もいますが、ミネラルウォーターには硬度というものがあり、含まれているミネラルのよって種類が分けられます。ミネラルの中でもカルシウムとマグネシウムの量によって決まります。ミネラルが少ないものを軟水と呼び、まろやかに感じることが多く不純物が少ないことから料理に向いています。ミネラルの多くものが硬水になります。カルシウムやマグネシウムの量が多いことから血液をサラサラにする効果を期待することができ、動脈硬化を防ぐため心筋梗塞や脳梗塞のリスクを軽減するとされています。

新着情報

↑PAGE TOP